持続可能な製造の重要性を十分理解しています。そのため、省エネや天然資源の保護に加え、環境への負の影響を最小化する手段を絶えず探し続けています。そして、持続可能性を他社との事業の差別化ポイントにすることを目的に掲げています。こうした戦略を取っているのは、それが我々の事業活動を行う環境、ともに働く人々や参加しているコミュニティにより大きな利益をもたらすと信じているからです。