食品の生産と加工には廃棄物や副産物を大量に発生します。また、GHG排出、埋立地保管、処理コスト、世界の食料安全保障などのマイナスの影響も引き起こします。再生可能資源の枯渇、栽培用地の減少、世界人口の継続的な増加、廃棄物の過剰な蓄積は、化粧品市場での廃棄物や副産物の利用を正当化する要因となっています。農業は天然副産物の主な供給源です。ジュース、ネクター、スムージーの人気が高まる中、果皮、殻、ふすま、核、種子などのフルーツの副産物は、最終製品よりも高い機能性成分が含まれていることが大きな関心を集めています。