Smart science to improve lives™
Personal Care
Personal Care

化粧品原料の持続可能な製造

持続可能な製造の重要性を十分理解しています。そのため、省エネや天然資源の保護に加え、環境への負の影響を最小化する手段を絶えず探し続けています。そして、持続可能性を他社との事業の差別化ポイントにすることを目的に掲げています。こうした戦略を取っているのは、それが我々の事業活動を行う環境、ともに働く人々や参加しているコミュニティにより大きな利益をもたらすと信じているからです。
工場で働く黒人女性

Global Pressures

 排出量削減:

2030年までに、私たちの事業活動において再生可能エネルギーを最大限活用し、地球温暖化のレベルをを産業革命前の時点プラス1.5ºCに抑制できるように排出量を削減し、「科学的根拠に基づいた排出削減目標(SBTs)」を達成します。そして、2050年までに、スコープ1及び2の温室効果ガス排出量ネットゼロを達成します。

埋め立て地ガスの利用

アトラスポイント工場(アメリカ)では、太陽光パネル及び埋め立て地ガスを熱、電力として変換して工場の電力源として利用する代替エネルギーを見つけました。埋め立て地ガスは工場運用の55%を占め、一般家庭3,500世帯の電力に相当します。

太陽光の利用

デラウエア州、ニューキャッスルでは、太陽光パネルが地域のエネルギーグリッドへの依存を減らし、化石燃料の使用を減らすのに役立ちます。アトラスポイントには、敷地内の2.5エーカーのソーラーフィールドには775kWの地上設置型システムが設置されています。

カーボンカバー: 

クローダは低炭素経済への移行を可能にします。私たちはクライメート・ポジティブ(Climate Positive)になり、お客様と密に協力してカーボンセービング効果をもたらす製品を開発します。2030年までに、お客様が当社の製品を使用することで、当社が排出する二酸化炭素排出量の4倍量を削減します。すなわち4:1のカーボンカバー比を実現します。

風力の利用

イギリス ハル(Hull)の製造拠点では、2MWの風力タービンを設置し、2000年以降の炭素排出量を約55%削減することができました。タービンが設置されて以来、工場での輸入電力需要は減少し、工場での電力需要の約40%を風力タービンにより供給しています。フル出力では、風力タービンは工場の電力需要を超える量を発電し、余剰電力は国の送電網に供給されます。2000年以降、CrodaのHull工場での電力と水の消費量は、生産単位あたり50%削減されました。

土地への負担削減:

私たちは、自分たちが使用するよりも多くの土地を「節約」します。私たちの農薬事業のイノベーションを持続的に実現することで、農地の利用効率を高め、生物多様性を保護し、食料安全保障を改善します。2030年までに、当社の農作物保護原料や種子処理技術の使用による、収穫量の改善や農作物の耐性の向上によって節約された土地面積は原材料に使用する土地の面積を超えます。

廃棄物削減/リサイクル:

水消費と廃棄物を責任をもって管理することにより、自然環境を保護します。2025年までに、私たちの事業活動全体で埋め立て処分するプロセス廃棄物を排除します。2030までに、水消費量を2018年のレベルから50%削減します。

バック in ボックス プログラム

高価で廃棄が難しいドラム缶を使用する代わりに、ペレット状の製品を密封した袋に入れて、その袋を段ボールにいれて出荷する取り組みを開始しました。袋と段ボール箱はリサイクル可能な素材で、環境に配慮した方法であり、運用コストを削減します。

企業の社会的責任戦略Crodarom

CrodaのCorporate Social Responsibility(CSR)では、Crodaパーソナルケアの持続可能性戦略と施策の一部を企画しています
14.3 MB
ダウンロード

企業の社会的責任戦略Sederma

Be Actively Committed
2.3 MB
ダウンロード
デラウェア州のAtlas PointにあるCroda製造所の拡大により、この施設で100%植物由来および100%再生可能な界面活性剤が製造できるようになりました。これにより化石燃料の使用量が減少し、RSPOマスバランス・サプライチェーン認証を取得しました

Accelerating our sustainable future

デラウェア州ニューキャッスルのAtlas Pointに位置するCrodaのの酸化エチレン製造工場は、Scientific Design Company ,Incのライセンス技術を活用されています。100%再生可能エネルギーで100%バイオベースの界面活性剤を製造するために、米国で建設された最初のバイオベースの酸化エチレン製造工場です。

100%バイオベースのECO Rangeは、市場にある100%再生可能な界面活性剤の中で最も幅広い製品ラインを有しています。バイオマス原料からのバイオエタノールを用いてEOへの代替ルートを使用することにより、エトキシル化生成物のバイオベースの含有量を大幅に増加させ、化石燃料への依存を減らします。さらに、原料は再生可能エネルギーで製造されています。

ECO Rangeは、お客様のグリーン商品へのニーズにお応えします。100%再生可能、100%植物由来のECO Rangeの選択により、再生可能な目標の達成と消費者への高性能製品の提供のどちらか一つだけを選択する必要はありません。
続きを読む
原料の詳細やご相談などはお気軽にお問い合わせください。