製品のイノベーションと持続可能性が切っても切り離せない関係であるということを理解しています。そのため、日々の製品の環境影響を2つの方法で評価しています。1つは、再生可能原料の含有量または「ゆりかごから墓場まで」のカーボンフットプリントに着目した内在的評価。もう1つは、使用中または廃棄後の生物分解時に製品がもたらす社会的、環境的、財務的影響に着目した外在的評価です。