Smart science to improve lives™
Personal Care
Personal Care
右を向いている横顔の女性の多様なグループ

Croda - 化粧品原料のエキスパート

イノベーションと持続可能性は私たちの事業の柱であり、すべての化粧品原料や処方に反映されています。クローダの歴史、特にこの10年間でCrodaのスキン、サン、カラーおよびヘアケア技術者たちは、原料の機能・効果両方において現在・将来の化粧品トレンドに対応することを目的とし、独自の特許技術でリーダーとなっています。処方や技術の専門知識により、クローダはお客様にとって単に持続可能な化粧品原料サプライヤーにとどまらない存在になることを目指しています。
研究室の多様な科学者

私たちはグローバルで事業を展開しており、世界各地に36のオフィスと、アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、北米、ヨーロッパのそれぞれに製造拠点を持っています。それぞれの拠点では現地の市場に関する知識を深め、お客様との緊密な協力関係を築くことができます。

アジア本社はシンガポールにあり、最近ではCTC(Collaboration T Training Centre)が開設されました。この最新鋭の施設には、カスタマー・デモンストレーション・センターがありここでは製品を評価したり訴求項目の検証を行うラボを備えています。EMEAはクローダで最も多様性に富んだ地域で、洗練性と複雑性を理解するための努力を続けています。アフリカの Centre of Excellenceには、性能研究室と処方研究室があり、ヘアサロンや温度管理されたテスト施設も備えています。ラテンアメリカには6つの事業所がありますが、メキシコとブラジルには現地のラボがあり、お客様に優れたサービスを提供しています。北米では、アメリカ国内に多数の製造拠点があり、特にアトラスポイント工場では、サステナビリティに重点を置いています。この工場では、製造エネルギーの75%を埋め立て地のガスと太陽光で賄っています。また、ここには世界初のバイオベースの界面活性剤工場があります。

 

製品検索はこちらから

人々が輪になって植物を持つ様子。Crodaでは持続可能性があらゆる活動に影響をもたらしていることを象徴しています。Crodaのパーソナルケア事業にとって、持続可能な製造、調達、革新は重要です

持続可能な化粧品業界に向けての努力

持続可能性は、Crodaの行うすべて企業活動の中心です。私たちは、特殊化学品の分野において最も持続可能なサプライヤーになることを目指して、2030年までにClimate, Land and People Positiveになるという野心的な目標を持っています。私たちの企業目標に加えて、私たちはビューティーアクティブビジネス、Crodarom とSedermaの積極的にコミットされた戦略もあります。私たちCrodaの持続可能性に関するイニシアティブが、皆様の今後の持続可能な製品開発にどのように役立つかについてもう少し見てみましょう!
 
詳しく見る
原料の詳細やご相談などはお気軽にお問合せください。