Smart science to improve lives™
Personal Care
Personal Care

持続可能なパーソナルケア原料 – Purposeful Beauty™ の実践

持続可能性はクローダにおける製品イノベーションの中心であり、製品開発の全ての段階で考慮されるものです。

ASDの創設メンバーとして、2021年の更新状況を発表

水色の背景に浮かぶ植物から作られたDNAのストランド

持続可能な製品イノベーション

  • 新しい素材を作る際は、常に「グリーンケミストリーの12原則」を考慮し、持続可能性の影響評価を実施しています。
  • お客様がより低温で調合(コールドプロセス)でき、製造時に必要なエネルギーとコストを削減できる原料を用意しています。
  • 当社の特殊ポリマーは処方の耐水性と耐久性を向上させ効果を高めると同時に、使用回数を減らし消費者が使用する製品の量を減らします。
  • 当社のUVフィルターは、消費者を太陽の有害な紫外線から保護するため世界中で処方利用されています。
持続可能なパームオイルの果実を手で抱えている

持続可能な原料調達

  • 化石・石油化学原料から脱却し、バイオベース製品への移行を加速させます。例えば、当社のECOレンジ界面活性剤は、従来のエトキシル製品に代わる100%バイオベースの代替品です。
  • 天然素材は当社製品の中心であり、現在、原材料の69%が再生可能な天然資源から作られています。
  • パーソナルケア製品の製造には、持続可能なパーム(RSPO)を使用しています。
  • 当社は持続可能なヒマシ農家のコミュニティとヒマシ油およびデリバティブのサプライチェーンにおける持続可能性に焦点をあてたグループである、Sustainable Castor Associationの初期メンバーです。
  • 当社は責任ある調達を推進する共同イニシアティブ、Action for Sustainable Derivatives(ASD)の創設メンバーです。ASDは「森林減少禁止、泥炭地開発禁止、搾取禁止(NDPE)」原則を順守するために、パームデリバティブ産業の転換を加速させています。
洋上に設置したタービンによる風力発電

持続可能な製造

  • 2030年までに、地球温暖化を産業革命以前の水準プラス1.5℃に抑制するという目標に沿って排出量を削減し、事業活動における再生可能エネルギーの利用を最大化することでScience Based Targets(SBTs)を達成します。その後、2050年までに温室効果ガス排出をゼロにする「ネットゼロ」組織を実現します。
  • 使用時に二酸化炭素削減効果を発揮する製品開発にお客様と協力して取り組み、低炭素経済への移行を進めます
  • 2030年までに、当社製品を使用することで事業に関連する二酸化炭素の排出量の4倍を削減できるようにします。
  • 可能な限り、太陽光発電や埋め立てガスを熱と電力に変換してAtlas Pointの工場を稼働させるなど、代替エネルギー源を活用しています。埋め立てガスは工場操業の55%、およそ3,500世帯分の電力と同等の電力を供給しています。
  • 水の消費量と廃棄物の生産量に責任をもって管理し、自然環境を保護します。2050年までに私たちの事業全体における廃棄物の埋立処分量をゼロにします。2030年までに水使用量を2018年比で50%削減します。
Purposeful Beauty™ の実践について詳しく知る